ふるさと納税

社会人からはじめるおすすめのふるさと納税とは?仕組みや始め方を紹介

ふるさと納税でお肉やお掃除ロボットなどを手に入れたわ
ユタカ
ユタカ
2,000円の負担だけで、毎年返礼品がもらえるのはお得だよね

 

”2,000円負担で食品、お掃除ロボット、旅行などあらゆるアイテムを毎年手に入れることができる”

2,000円負担で、地域の返礼品を毎年手に入れることができる仕組みが、ふるさと納税です。

ふるさと納税とは都道府県、市町村への寄付です。「ふるさと」とありますが、自身の生まれ育った故郷に納税する必要はありません。

生まれ育ったふるさとに寄付するもよし、縁もゆかりもない地方に寄付するもよし。復興支援等で寄付することもできます。

なぜ、ふるさと納税がお得なのかというと、寄付をおこなうことで市町村からお返しとして、地方の特産品を手に入れることができるからです。

お返しのアイテムは地方によって異なり、食品、旅行、家具、洋服などありとあらゆる特産品がお礼として送られてきます。

引用元(ふるさとチョイス

例えば、上画像のように11,000円の寄付だけで、茨城県産の美味しい豚肉を手に入れることができるのがふるさと納税です。

サイトの運営者である私が、ふるさと納税をはじめたのは23歳の社会人2年目のことでした。

ふるさと納税という単語は知っていたものの、周囲にふるさと納税を詳しく知っている人はいませんでした。両親もやっていませんでしたし、ましてや20代の同僚なんて以ての外です。

きっかけは、ネットサーフィン。インターネットで検索して調べていくうちに、税制面の優遇を受けることができ、返礼品として地方の特産品などを手に入れることができる非常にお得な制度ということを知ります。

それから、試しにふるさと納税をはじめ、返礼品のお肉を実家に送って喜ばれたのを今でも覚えています。

ふるさと納税の手続きは、簡単で食品やビールなども貰えてお得…にもかかわらず、利用者は少ないです。聞いたことがあるにもかかわらず

  • 実際にどのように始めるかわからない
  • わからないので、面倒である

ふるさと納税という言葉を知ってはいるものの、上記に該当している方が多数です。

年収300万円でも約3万円分のお礼の品が手に入ります、しかも毎年です。

今後、何十年もの期間で考えると、ふるさと納税の利用者と使っていない人の税制面での優遇の差は大きいです。

だって、実際にふるさと納税がお得か疑問だし、やり方がわからないんだもん…

私自身もふるさと納税を始めた頃は理解に苦しみましたが、始めてみれば非常に簡単でやらないと損です。

このサイトは、ふるさと納税の始め方マニュアルを1から作り、「始め方がわからない、面倒だ」という訪問者の悩みの声を解決します。お得なふるさと納税をはじめるキッカケとしてご覧ください。

ふるさと納税を始める手助けするよ!

ふるさと納税の仕組み

まずは、ふるさと納税の仕組みを理解しましょう。

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

寄付を行いお金を寄付した地方から特産品が送られてくるふるさと納税。

どうして実質2,000円でお得な商品が手に入るのかというと、寄付金控除というものを受けることができるからです。

ふるさと納税で寄附金控除をうまく活用することでふるさと納税のメリットを享受することができます。

寄附金控除とは、納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。

引用(総務省)

上記の説明では所得税と住民税から原則として全額控除されるとあります。控除される額は各個人それぞれ異なり、年収、家族構成などから算出されます。

あらかじめ、控除の上限額を確認することで、実質負担金を2,000円で抑えることができます。

※私は社会人2年目のタイミングで開始。3万円を寄付したのですが、負担は2,000円のみでした!

ふるさと納税の控除は所得税、住民税から控除されます。実際に私たちが支払わなければいけない税金を、ふるさと納税として寄付し特産品がもらえるのです。

ふるさと納税なしの場合 所得税、住民税を通常通り支払う
ふるさと納税ありの場合 所得税、住民税が控除され、支払う税金が減少する

ふるさと納税利用可能な対象者

ふるさと納税の対象者は、収入のある人で税金を収めている人が対象です。

基本的に社会人からふるさと納税を始めることができ、各々の給与金額によってもらえる特産品の金額が変わってきます。

ふるさと納税の手順

ふるさと納税の手順をご紹介します。

手順
  1. ふるさと納税サイトに登録する
  2. 控除額を計算する
  3. 自治体を選択して寄付する
  4. 確定申告orワンストップ特例制度を行う

4ステップでふるさと納税が完了します。

ふるさと納税まとめ

まとめ
  • 控除を利用すれば自己負担は2,000円のみ
  • 食品、家具、旅行など地方の特産品が手に入る
  • 好きな地域、復興支援で寄付することができる

これだけお得なふるさと納税を「分からない」の一言で片付けずに、ふるさと納税を始めましょう。

ふるさと納税サイト まとめ