ふるさと納税

ふるさと納税の教科書を立ち上げた理由

サラリーマンブロガーのユタカです。この度ふるさと納税サイトを立ち上げました。

ふるさと納税との出会いは、社会人2年目の春。

当時、実家を出て一人暮らしをはじめたので、金銭的に余裕はまったくありませんでした。

美味しいものが食べたい洋服がほしい。しかし、普通に暮らしているだけで精一杯で、自身の物欲を満たす余裕は全くありません。

それでも、どうすれば手に入れられるかとネットで調べた結果、ふるさと納税に出会いました。

ふるさと納税は、「ふるさと納税」という単語はよく聞くけれど、父親や母親の親世代のやること。

私には関係のないものだと勝手に決めつけていました。

しかしよくよく調べてみると、社会人1年目から誰でも簡単にはじめられて、さらに税制の控除(税金が安くなる)を受けて得をするということを知りました。

得だということを知った私は、ふるさと納税をすぐに始めました。ふるさと納税サイトで美味しそうなお肉を探し、茨城県茨城町に納税しました。

茨城県の県花「バラ」にちなんで名付けられた銘柄豚「ローズポーク」を返礼品として頂きました。

美味しいものが食べたいという理由で始めたのですが、1人で美味しい肉を食べても悲しい気持ちになるので結局、実家におくることに。(笑)

両親には秘密で送ったのでかなり喜んでくれました。このように、ふるさと納税では税面の優遇だけでなく、地方貢献、さらには親孝行もできるのです。

20代・30代のふるさと納税利用者を増やす

ふるさと納税が20代の若者にもメリットがあると理解した私は、周囲にふるさと納税を知っているか、実際に使っているのかヒアリングをおこないました。

すると、ふるさと納税と聞いたことはあるけれど「やってはいない」という回答ばかり。認知度はあるものの、知っている止まりで誰もやっていませんでした。

「え、どうして?ふるさと納税はすぐに始められてお得なんだよ」と声をかけても口を揃えて、わからない面倒くさいが答えとして返ってきます。

この状況を、どうにかしたい!

税金面の知識不足などからなんとなく難しさを感じているだけで、やってみると簡単です。ふるさと納税を始めたくても分からなかったり、色々なサイトを経由して調べるのが面倒だという声に対し、問題を解決するべく本サイトを立ち上げました。

このサイトを通じて1人でも多くの人にふるさと納税の魅力を感じていただき、ぜひ活用していただければと思います。

寄稿記事について

このサイトでは、実際にふるさと納税利用者の声を集うべく、利用者様にお願いして寄稿記事も執筆いただいております。

ふるさと納税を通じた心温まる話、おすすめの返礼品、ふるさと納税失敗談など募集しておりますので、「お問い合わせ」ページからぜひお声掛けください。