ふるさと納税をはじめる4ステップ

ふるさと納税をまだ始めていない方へ、誰でも4ステップで簡単にふるさと納税を始められるマニュアルを作成しました。

ふるさと納税は自己負担2,000円で、地域の特産品や旅行、ギフトカードを手に入れることができる嬉しい制度です。

一定の給与がある方は、寄附金控除を毎年受けることができるので、納税開始が早ければ早いほど、お得です。

 

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税4つのステップ

1.ふるさと納税サイトに登録する

はじめに、ふるさと納税サイトに登録します。(サイトを経由することで簡単に納税ができます)

納税サイトに登録し、サイトを経由して寄付したい自治体を探します。寄付を行い特産品を手に入れましょう。

 

 

 

ふるさと納税サイトまとめ

2.シュミレーションをおこなう

税金控除額は、家族構成や収入などに応じて控除金額が異なります。そのため、控除額を算出するためには事前シュミレーションが必要です。

例)年収400万円(一人暮らし)の場合

控除額約4万円(あくまで一例ですが、4万円までの寄付なら自己負担2,000円)

 

シュミレーションをする

3.自治体を選択して寄付をおこなう

寄付金控除上限額が分かれば、寄付をおこなう自治体を選択します。自治体の選び方は自由です。自分の生まれ育った故郷、アイテム、寄付の上限金額から選ぶのもよしです。

 

 

ふるなびで検索する

4.確定申告をおこなう

最後に確定申告です。サラリーマンの人にとって馴染みがありませんが、心配は無用です。なぜなら、ワンストップ特例制度を利用することで確定申告が不要になるからです。(※ただし、条件に該当した人に限ります)

 

 

確定申告の方法を確認する